◎ 名前:金川
◎ 作成日:2023.7.29(土) 20:29

  2023 F1E世界選手権 出だしから・・     以前内容以後内容    



安心してください!無事、昨夜の10時に宿泊先のモーテルに到着しました! 一連続28時間の大移動は成功しました。

練習は明日から行いますが、競技報告だけを期待していらっしゃるかもしれませんが、成田からTurdaというブカレストから430劼療勅膨に来るまでに、いろいろなことがありすぎて、皆さんに話さないわけにはいきません。

成田を出発したのが夜の10時半。11時間のフライトでドーハへ。そこで乗り継ぎで4時間。実は出発10日前にカタール航空から、ドーハからブカレストの便を追加料金55,000円でビジネスクラスにアップグレードできますという案内が来ました。私にはそんな贅沢は出来ませんが、その先のフライトと車での5時間の道中を考えて、シャワーも使えて仮眠室もあるというラウンジは必要だと思ってアップグレードしました。これでリフレッシュできて体力的にも長い道中を乗り切れると思ったのですが、成田のチェックインカウンターで確認したところ、このチケットではビジネスクラスに乗れますが、ラウンジは使えませんとのことでガックり。予想していた通り、寒いくらいの機内温度。水平飛行に入って、手元に置いた小さなリュックに手を入れて羽織るものを取り出そうとしたら何やら液体が漏れている感じ。持ち込み可能な液体の蓋が気圧の差で外れて液体が出たのかな?と思って調べてみると、なんと、使いかけの顔や体を拭くボディーシートにしみ込んだアルコールが染み出して濡れている事がわかりました。大事なパスポートもしっかり濡れてしまい皺ができてしまいました。出だしからハプニング発生。

びっくりするような豪華なドーハの空港はこれまたクーラーがガンガン効いていて寒く、ラウンジが使えないのでロビーで時間が過ぎるのを待ちました。機内ではほとんど眠れず、気持ちを引き締めてブカレスト行きの便を待ちました。ドーハからブカレスト空港までのフライトはオープンスポットでターミナルからバスで移動しましたが、建物から出でバスに乗る時に気温45℃の洗礼を瞬間的に受け、またバスに乗って寒いくらいに冷房が効いて、本当に体がついていきません。ビジネスクラスではフラットに近い座席と豪華な食事やお酒が出ますが、これを期待してアップグレードしたわけではなく、お隣は実に上品そうな女性で、かえって気を使ってリラックスできませんでした。チーフパーサーが席に来て、お決まりの挨拶をしましたが、ビジネスクラスには私だけがアジア人で、「日本からですね。私は韓国人です。よろしくお願いします」と日本語で挨拶しました。チーフパーサーとして外国エアラインで頑張ってるんだと反対に勇気づけられました。まあ、足が伸ばせて、でもリラックスはそんなにできなかったけど、追加料金55,000円はこんなものかなと納得しました。出発直前に、帰りの便でもブカレストからドーハまで同じ追加料金でアップグレードができますとの連絡が来ましたが、エコノミークラスの方が落ち着くので案内は断りました。



◆2023-7-29 22:10:51 ランチャーズ − お隣の女性とはどのようなことを話されました?  
◆2023-7-29 23:18:36 金川 − 先に座ってシャンパンを召し上がって、食事もしないで寝ておられました。帽子と荷物を降ろしてあげました。  
◆2023-7-30 9:25:26 ランチャーズ − 金川さん、紳士。  
◆2023-8-2 14:4:48 出口 − 流石、金川様。

■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除             

◎関連(返事)記事⇒  美時着きました(金川)