◎返事対象記事⇒  2023 F1E世界選手権 出だしから・・(金川)


 
◎ 名前:金川
◎ 作成日:2023.7.29(土) 21:13

  無事着きました     以前内容以後内容    



さて、これからが一番心配していたブカレスト空港で、出迎えがちゃんと来ているかという話の前に、ガン箱がターンテーブルに出てくる時のお話です。長尺物の手荷物は別のところから出てくるのが一般的ですが、なんと通常のチェックイン手荷物と同じところから出てきてびっくり。ドンと音がしてストッパーにぶつかって待っているお客もびっくり。私も急に出てきたので慌てて客をかき分けてぶつからないようにしたもののタッチの差でダメでした。到着ロビーに出てみると、出迎えはちゃんと男性が来ていました。「ああ良かった」約束通り主催者はちゃんと手配してくれたんだ、これで430辧¬5時間のドライブで目的地までたどり着けると一安心。

東名高速で東京から名古屋に行くのとはちょっと違うようで、アウトバーンのような道もありますが、夏の休暇で人の出も多く渋滞気味。一般道も走らなくてはならず、工事渋滞も何度か発生で日没ギリギリぐらいの到着は難しそうです。67歳のドライバーは模型飛行機もやったことのある大会関係者。運転も大丈夫そうでしたが、Turdaへは数年前に行ったことがあるとのこと。今回は同じモーテルに泊まって大会のお手伝いで1週間を過ごすとのこと。カーナビも付いたSKODAというチェコ製の車でカーナビもちゃんとついている決して古くない車ですが、カーナビに音声案内がない様子。空港からアウトバーンに乗って西に向かって走れば目的地までたどり着ける。ところが車が南に向かって案内からずれてきているのを発見したのは私です。「南に向かっていますよ」と知らせて間違いに気づきました。ラウンドアバウトと呼ばれる円形交差点で曲がらずに変な方向に行ってしまったのです。案内ルートに戻るのに30分以上ロスしていざ西へ。地方では夏場で観光地に人がたくさん出て要所要所で交通渋滞。結構スピードを出して車間距離も少なくヒヤヒヤもので、スピードは120キロくらいで良いですからと言っても車間距離も少なく140キロくらいでぶっ飛ばすので床に足が踏ん張ってしまい、眠って移動とはとんでもない。最初の一回だけトイレ休憩で5時間の連続運転で、どっぷり日が暮れてこちらの時間で午後10時。遅いチェックインで鍵をもらって自分の部屋へ。ルーマニアの田舎町の道路沿いの安いモーテルですから皆さんが想像できると思いますが。重い荷物を持って3階の何もない簡素な部屋に入って、ガン箱だけオープンしてみて中身は大丈夫そうだったので、シャワーを浴びてバタンキューです。

◆2023-7-29 22:6:32 ランチャーズ − これだけのレポートは金川さんならではすね。やっぱりすごい!!!!

■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除             

◎関連(返事)記事⇒  いろんなことがありすぎて(金川茂)