◎ 名前:たかだ@KFC
◎ 作成日:2014.11.7(金) 17:02

  2014年F1G、H、J・HLG・LP競技会     以前内容以後内容    



いわゆるミニ国際競技会、
「平成26年度模型航空国際級F1G、H、J・HLG・LP競技会」の開催をご案内申し上げます。
すでにランチャーズ機関誌、YSF機関誌等で昨年度にもとづいた情報を掲載していただいておりましたが、こちらが遅れて申し訳ありません。事前の情報とは参加申し込みの締切でわずかな差がありますのでご注意願います。また、JMAの今年度事業計画とは開催日が変更になっておりますので、くれぐれもご留意願います。これは会場の田んぼの作付状況によることですからご理解、ご了承願います。

初めてこの競技会の案内をご覧になる方のために申し添えます。
この競技会はFAI国際航空連盟の正式のフリーフライト国際級競技のミニ種目のグライダー、ゴム動力、エンジン機の3種目と 合わせてJMA日本模型航空連盟のフリーフライト国内級種目の中からいわゆるパーク種目として親しまれているハンドランチグライダー2種目とライトプレーンを一堂に集めて同時開催するユニークな競技会です。小型種目が一度に見られる面白い機会です。
今時のことですからハイテク複合材などを使用した前衛的な機体が登場しますが、昔ながらのバルサやヒノキ材の在来工法の機体が丁々発止で切り結ぶ面白さもあり、そこに新規参入者でもいきなり上位と言うドラマが見られています。
また、会場は国内では珍しい大規模農業の田んぼです。直径約4kmの大堤に囲まれた干拓地で1枚の田んぼが300m×600mとかあり、比良山や伊吹山、安土城などの雄大な景色に周囲が囲まれています。
季節的には渡りのタカ類の聖地でチョウゲンボーとFFの飛び比べも見られたりします。

周辺は安土城や近江八幡の水郷、街並みなど観光名所もたくさんあります。湖岸道路沿いの愛菜館、味菜村などの農作物直売所が人気です。家族連れご参加でも退屈させません。

参加申込書は地元で幹事役を務めますKFCの事務局から各クラブに郵送します。お問い合わせください。それ以外の方は、事務局までお知らせください。




平成26年度模型航空フリーフライト国際級(F1G、H、J)・HLG・LP競技会要綱

主   催  日本模型航空連盟
大会委員長  日本模型航空連盟 会長 落合 一夫
競技委員長  FF委員会    委員 高田 富造
競技役員   FF委員会委嘱
期   日  平成26(2014)年12月7日(日)、雨天の場合は12月14日(日)
会   場  大中田んぼ(滋賀県東近江市大中)
種   目  フリーフライト国際級F1G、F1H、F1JおよびHLG-A、HLG-B、LP
       (F1G、F1H、F1Jには国内級機体での出場は不可)
       ただし、種目の参加者が3名に満たない場合は他の種目と混合で行う。
参加資格   当日有効の模型飛行士登録者
申込方法   郵便振込み用紙に必要事項を記入して、期日までに下記に申し込むこと。
       郵便振込み取り扱い口座番号 00990−0−154816
       加入者名  今村 利勝
       郵便振替払込請求書兼受領書を受付へ提示のこと。
       なお、いったん納入した参加費は理由の如何を問わず返却しない。
申込 期間  平成25 (2013)年10月31日(金)〜11月21日(金) (当日消印有効)
参 加 費  2,500円(1種目、2種目は3,500円)、中学生および小学生は500円
規定・競技の方法
      ・FAIスポーツ規定に準拠し、各種目ともラウンド制として5ラウンドの競技を
       行い、合計タイムで順位を決定する。同タイムの場合は決勝飛行を行う。
      ・F1G、H、Jの最大計測時間は2分とする。
      ・F1Jのモーターランは5秒とする。
      ・HLGについては、最大計測時間60秒の飛行を1ラウンドに2回行い、飛行時間の長い方をそのラウンドの公式飛行とする。
      ・LPについては、最大計測時間は1分とする。
      ・また、状況によりラウンドの最大計測時間、モーターランを変更することがある。
      ・LPに関する特別規則:フリーフライト国内級規定15に基づき特別規則を付加する。
        ‘偉魯乾爐僚杜味毅膂焚次
        ∪涵み及び可変機構を伴わない空転プロペラ使用。
受付・開会式・競技時間
       6時30分〜7時10分/現地受付。7時15分/開会式。7時30分/ラウンド制による競技開始。13時決勝飛行開始予定。
       ラウンドの時間等の詳細については競技会当日に発表する。
保安・損害賠償
       人畜、土地、建物その他の物件に対し競技その他により損害を与え賠償が必要な場合は、当該選手が負担する。
機体検査   随時検査を行う。この検査で不合格の場合には、それ以前の記録は全て無効となる。
選手の責務  選手は計時員の補助員または計時員として計時に協力すること。
連 絡 先  各団体のFF委員又は競技実行委員 今村 利勝
       〒612-8495京都市伏見区久我森の宮町10−102
       TEL 090−1155−0904
       機体の規格、詳細な競技規定等についての問い合わせも上記へ
--------------------------------------------------------------------
振込用紙の通信欄に以下の項目を記入のこと
・ 種目: F1G、F1H、F1J、 HLG-A、HLG-B、LP
・ JPNナンバー


◆2014-11-717:4:52 たかだ@KFC − 田んぼの草紅葉がきれいな季節です。これだけでも必見ですぞ。奥さんに自慢できる…
◆2014-11-720:0:29 ai − 写真、お見事ですね。なんと見事な色合い、機体も、服も、背景も。

◆2014-11-1417:34:6 宇津 − I.san 国際級LP競技機にJAナンバー表記が無いのが寂しい。

■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除   以前内容以後内容                  

◎関連(返事)記事⇒  ミニ国際の事前練習について(たかだ@KFC)

◎関連(返事)記事⇒  ミニ国際級にお出かけを(たかだ@KFC)