◎ 名前:宇津秀夫
◎ 作成日:2014.5.29(木) 00:28

  平成12年ミニクープ伝来     以前内容以後内容    


関西平城宮競技会にミニクープの本格伝来は、写真の平成12年の松本杯ライトプレーン大会です。この年6月、9月に関東から熱狂的競技者のハンドランチやミニクープの華麗な飛行が加わり、以来、今に平城宮ライトプレーン競技大会の種目は.薀ぅ肇廛譟璽鵝複複唯禅定+本大会の付加条件)▲潺縫ーペ(ゴム重量5g以下、機体重量35g以上、HLG−A(手投げグライダー)ぃ硲味如檻臓兵蠹蠅殴哀薀ぅ澄次豊ィ達味如淵僖船鵐拡射グライダー)Ε乾狷偉魯好院璽襦柄管50cm以下、ゴム重量5g以下) 等 の混在競技会が会場の狭小化に苦心しながらもKFC高田会長の独善的尽力で継続されています。   私は高田会長の独善的尽力には敬意と批判を重ねる異端KFC会員です。

当時はLPもHLGもJMA規格はありませんでした。平城宮ライトプレーン松本杯の参加競技機は上位機選手の参加もあって飛行性能が飛躍的に上がり風向きでは場外近鉄線路を越える危険な飛び過ぎが続出して、主催者は独断と偏見で一刀にゴム5g、折ペラ禁止の規制で、機体重量は規定の無い、平城宮競技ローカル珍ルールが強行され、さらに平成16年には初めてJMA国内級規定にLPは何とも惨めな「全長500mm以下、ゴムは露出していること」でHLGを道連れに堂々規定をされました。以後、関西で国際級F1Gと並んでLPもミニ国際の競技の参加資格機となり、平城宮競技会もミニ国際競技もJMA国内規定に無い、ゴム5g以下、折ペラ禁止の縛りを付加して開催されています。LPの規定要旨は動力ゴムは露出している事です。従って昨年この掲示板でも議論されたゴムは丸出しでぶら下げです。

本尊石井さん提唱のミニクープはF1G規定2分の1、ゴム5g、機体重35gの合理的機体構成です。啓発図等公開仕様は総てゴムは胴内に納める構成です。平城宮競技規定に前回からミニクープに被覆胴を付記した意味は分かりませんが、ゴム5gLPを廃して3g20g時代を開くために、先祖返りの折ペラ、5g、35gの化け物LPの出現を阻止する高田会長の取り越し苦労の蛇足でしょう。ゴム動力模型飛行機の構成は合理的必然性からゴムは被覆胴内に納める構成で、何の疑問も無く製作しています。以来、平城宮、鈴鹿の競技会に参加してきました。飛ばせる狭小地で 競技会の勝ち負けも、さることながら5gゴムで35gの機体をモーターランで高度を取り、ペラを畳んで悠々と滑空する様は人生の爽快感です。

「石井さんの言う、「どうすれば限られたエネルギーで重量物を長時間空気中に浮かべられるかを競うのが、古くて新しいFFの原点ですから、FFの基本思想に忠実であろ」この事はゴム5gで何gの機体をどれだけ滑空飛行させるかを競うのが機構競技の原点です」との事ですが、私は、この思想の信奉者です。

平成12年、平城宮ミニクープは上の写真に見る、提案者本尊石井さんも自らのミニクープを飛ばして普及啓発をされ、多くの人と私も提案仕様図を参考に改良自作機を製作して、競技会に参加しています。 長年ミニクープは少数派で来ましたが、昨年ランチャズ会報7−8月号に改めて平尾さんのミニクープ工作で被覆胴加工解説などの啓発記事と提案者石井さんのミニクープ図面とF1B,F1Gの豪者坂巻さんのミニクープ図面が公開されました。ライトプレーンの製作よりも少し手間は掛かりますが、工夫をする楽しみは沢山あります。機体35gでゴム5gを行儀良く被覆納め、折ペラで滑空抵抗を減らす合理的構造です。要は5gゴムで35g機体で、下位機のライトプレーンは「ゴム露出の事とする」仕様構成との違いがみそです。  ミニクープ愛好者には被覆胴の付記が有ろうが無かろうがゴムは胴内装着で、ゴムを露出させる構成は思いつきません。被覆胴追記も削除提言も何の意味も無いと思います。  皆さん無視されたらよろしい。それでもミニクープはゴム露出のバカ規制は無いから、動力ゴムは筒の中に行儀良く納められるでしょう。

些細な事でも取り上げてワイガヤ議論して発展ムードの上昇気流を作りましょう。


◆2014-5-2917:53:33 ごむどり − ミニクープとは、クープ級のの重量制限の変更のみですから、当然ながら被服胴です。  
◆2014-5-2918:26:13 松本@GPF − 過去にライトプレーンタイプのミニクープが競技に参加した実績をお忘れなく。  
◆2014-5-2918:26:24 松本@GPF − カーボンパイプ胴ならゴムを含めた断面積も露出面積も被覆胴より小で性能が低いとは言えない。  
◆2014-5-2918:28:22 松本@GPF − が変われば設計も変わるので「当然ならが被覆胴」にはならない。  
◆2014-5-2923:18:44 松本@GPF − ↑重量

■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除