◎ 名前:宇津秀夫
◎ 作成日:2014.5.29(木) 13:34

  私の新作機、総本家流ミニクープと事情     以前内容以後内容    


写真の2機は平城宮競技会に皆さんと交流を楽しみに、今年、私が思いを込めて追加製作機です。ランチャーズ誌に昨年再公開の最新仕様も基にした総本家流級機です。幸い先週まで昔の大会田んぼ巨椋は田植えが遅く先週まで一人飛ばしで調整、整備しました。6月1日はどうなるか、楽しみですねー!!

平城宮ミニクープはLPやHLGのように国内級規定と言う立派な戸籍を持たない、無規定ローカル籍機です。意味の無い被覆胴を蛇足され、今まで何の関係も無く生き延びてきた平城級ミニクープに本家を名乗ってクレームを付けられ、これまた、独裁KFC高田会長の珍陳謝には、あきれて物も言いたく無いが、止むにやまれず言います。

>ご本家からのご指摘に分家としては赤面の至りです。もちろんご本家の規定は承知しておりました。本大会ではF1Gへの誘い水として、知らん顔して「被覆胴」と書き込みました。よく見ていただいて恐縮です。この大会だけのローカル規定としてご寛容いただければ幸いです。とにもかくにも、この素晴らしいジャンルの発明をF1G、F1Bの普及の足掛かりにできればと願っています。

>私の私的なひそかな思いを漏らしましたら、JMA国内級規定のLPを現実に即して練り直せないかと考え続けています。現在のJMA規定に各地で「付加条件」を加えて実施しているのが現状です。それに沿わしていけないかと言うことです。
以前にもどこかで発言したことがありますが、LPを2本立てにして自由度を高めることです。
その1は、平城宮規定のように、.乾爍械膂焚次↓機体重量20g以上、6転ペラ。仮にLP−A。
その2は、ミニクーペに沿わして、.乾爍毅膂焚次↓機体重量35g以上。仮にLP−B。

>LP−Bはご本家のミニクーペ規定のように基本条件の他は自由にします。これで昔からの頑固なB級LP愛好者も軟着陸できます。その中で35gある機体をどのようなデザインにすればよいかおのずからミニF1Gになると思います。
LP−Aは平城宮のようにかなり縛りを入れておきます。

とは、高田会長またのご乱心ですか!LP−Bは「ご本家のミニクーペ規定のように基本条件の他は自由にします。」何がご本家、分家だ!「昔からの頑固なB級LP愛好者」はゴム5g折ペラ禁止で、貴方が絞め殺した亡霊級機です。 この自由仕様は、今国内級LPに規定されて墓標にあります。亡霊LPを世に出さないため、高田会長の一存で「折ペラ禁止」など縛りを掛けて 閉じ込めているのです。狭小化する会場で安全に競技会を継続する為に主催者の独善規制も納得します。このご乱心は現行不一致で模型飛行機愛好者の意気を沈滞させるばかりです。早く正気を取り戻して下さい。


閲覧を戴く皆様へのお断り。
このランチャーズクラブ掲示板に他クラブKFCの深い書き込み等には奇異を感じられる方がおられたらご容赦下さい。京都フリーフライトクラブは結成以来機関誌KFCが発行され会員、他クラブとの交流、世界のFF情報収集伝達など模型航空の啓発発展に歴代の編集者が尽くされました。インターネットの発達で内外情報は容易に取得出来るようになる等の情勢でKFC誌は休刊となりました。以後KFCの必要情報絆はランヤーズ掲示板の好意で配信、交流をさせて戴いている事情で、オープンな発言をしています。

その私、宇津秀夫は誉れ高い大日本帝国に昭和7年に生まれ、裏山の竹を割ってローソクであぶりライトプレーンやグライダーを作って、大東和戦争は勝った勝ったの歓喜にはしゃいだのも束の間に敗戦、がむしゃらに趣味など楽しむ暇も無く働いて、やっと食べられるようになり、模型飛行機を楽しめるようになりました。これからを考えると既に82歳、食欲好奇心は旺盛ですが、模型飛行機の性能アップに反比例して足腰はがたがたで、良く飛んだ飛行機の回収には田んぼを這いずり回って七転八倒しても、止める気にはなりません。よろしくお願いします。

◆2014-5-3121:47:31 ai − この写真と文章、ガンガンやる気が伝わってきます。学ばなくては。
◆2014-5-3122:21:22 ai − ご存知ですか。「模型飛行士登録制度改定のお知らせ」を読んでいた気が付きました。
◆2014-5-3122:23:39 ai − 写真の機体にはJPN番号が書かれていますが、ミニクープはJMAの規定にはないので模型飛行士登録の
◆2014-5-3122:25:10 ai − 個人賠償保険の対象外のになると思われます。C(P)LGも同様、ご注意あれ。
◆2014-5-3122:27:34 ai − 国際級規格、国内級規格のものは保険対象です。
◆2014-6-10:0:28 ごまめ − JMAの競技規定に無い種目の機体での事故は、模型飛行士登録の個人賠償保険の対象外。エー?なんやそれ!
◆2014-6-10:18:50 ごまめ − JAAの頃(昭和40年代)からJMAの今まで知らずに会費兼保険料と思って払っていましたが、意味無いじゃん
◆2014-6-19:2:48 ai − 以前はHLGは対象外でした。現在はFF委員会の努力でHLG−A、Bとも保険対象です。
◆2014-6-19:10:21 ai − 翼幅165mmm未満のHLGは対象外です。国際級、国内級競技規定を理解しておく必要があります。
◆2014-6-19:15:13 ai − 保険対象内外の説明はJMAのホームページにあります。こちら、 http://www.jmaf.jp/sub3.html
◆2014-6-19:17:34 ai − [模型飛行士の目的、内容を理解した上で登録してください]をクリックします。

◆2014-6-20:49:53 宇津秀夫 − JPN番号は個体識別と格好付けです、保険の意識はうすく、無知で上納金感覚で登録してきました。

■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除   以前内容以後内容