◎ 名前:宇津秀夫
◎ 作成日:2014.5.30(金) 20:31

  ミニクープ擬きLPと被覆胴についての意見     以前内容以後内容    

1,LPは、JMAの国内規定(2006/3)改訂で、初めてLP規定が追加されています。
国内級LP規定:「全長 500mm 以下 ゴムは露出していること」として。

2,ミニクープは、国際級F1G型2分の1仕様、ゴム5g、機重35g機で、提唱者石井さんによる通称名ミニクープは今やこのクラスの固有名として、公知されていますが、何故か残念、JMA規定は無く、構成の定義も規定も解釈は一面自由です。被覆胴については各クラスを見ても機体構成の要件の定義は有りません。これまでゴムの競技機は合理的必然性から殆どが筒型被覆胴に収斂されているのが常識です。

3,今回、大先生方が被覆胴をめくって、 「ご本家からのご指摘に分家としては赤面の至りです。もちろんご本家の規定は承知しておりました。本大会ではF1Gへの誘い水として、知らん顔して「被覆胴」と書き込みました。よく見ていただいて恐縮です。この大会だけのローカル規定としてご寛容いただければ幸いです。」・・待って下さい。平成10年頃の騒動と郷愁を持ち出して空論を聞いている場合では有りません。

4,平城宮6月1日LP競技会は、突然にクレームを付けられ、的違いの内容も読めず!、  「この大会だけのローカル規定としてご寛容いただければ幸いです。」と土下座して許可を仰ぐよな、黒い縄張りが有るのか!!、いったい競技参加者を愚弄した、不愉快な事態を主催者は少しの心にも至らないのですか。

5,ご本家さん、「過去にライトプレーンタイプのミニクープが競技に参加した実績をお忘れなく。」と言われますが、貴方のクレームは古い一時代前の次元です。主張は、すでに平成12年にJMA国内級LPに規定されて、否応なしに変化しています。貴方の主張する自由で化け物のような模型飛行機でも、ゴムさえ露出させれば可能なのです。が、  しかし失礼ですが、このLP規定の製作機で堂々競技出来る会場選定は困難と言って良いでしょう。そのために「 特別規則で 競技会を主催するものは、その競技会の特別規則を定めることができる。」と主催者はこれを盾に所望の競技会を演出して参加者を踊らす手腕を優越しているように思ってなりません。貴方が、この盾を破ろうとして虚勢を張って逆らっても何のメリットも得られないでしょう。

6, ご本家さんの妄想ミニクープ5g35g機は一応JMA国内規定の立派なLP機です。ただし平城宮LPは3重5重の特別規則で、ご本家さんのLPミニクープ5g35g機は平城LP競技機規定に準拠した整備が必要です。 関西でも、平成10年以前は平城宮など自由LPが大らかに競り合っていました。この頃、主催者は手綱を締めて、飛びを制限淘汰するために、折ペラ禁止、ゴム5gの革命粛正が有り。 関西の熱心な折ペラLP愛好者は完全に淘汰され、固執したベテラン選手を混合クラスに入れて囲れたが2,3年で脱落消滅し怨念が残っています。それでもF1B、国内級などを目指す選手等が折ペラ、巻き胴などを大事に出来る好適機として当時から片隅の番外級的クラスとして石井さん等の啓発に乗って行き場を失った折ペラが生き延びているのです。同じミニでも生い立ち環境で似て否なる5g、35gなのです。今更ゴムを丸出しするミニ機は、平城ミニとは全く別次元機です。 
 
7, ご本家さんグループから、「今回も何人かの人がライトプレーンを改造してミニクープに参加しようとしたのに、規格に「被覆胴」の制約があり諦めたと聞いています。」
私はKFC会員ですが、立案、企画、運営には一切関わっていませんので、主催者がどの様に対応されるか分かりませんが、この言い掛かり的要求は、建設的真面目な意見とは理解出来ません。本競技会は平城宮ライトプレーン競技会です。昨年6月競技会から3g20g空転ペラなど・・・ゴム5g機から更に締め上げて、サーどうだと言う条件の競技会に参加者は複雑な気持ちで参加しています。 もし、御地のLP選手が本当に参加意欲が有るなら手持ちLPを改造も無くゴム3gで競技会に参加出来るはずです。

8,平城宮競技会の於いて、ミニクープ級はロ−カルのローカルで風前の灯火です2,3人の愛好選手で消されずに生き延びています。私はLPとミニで交互参加でうろちょろして来ましたが前掲示書き込みの様に、F1Bは体調から置いといて、F1G,ミニクープ、LPで自省し、没頭しています。このクラスは平城宮の春秋、鈴鹿の春秋4回の競技会参加が期待出来ます。

9,LP、通称ミニとも主催地、環境、主催者の運営ポリシーによって競技形式、運営が決められ、私たちはこれにしたがって競技機を整備調整して参加するか否かは参加者の判断です。現実は上記のJMA規定が改訂され、各地の競技会は開催可能な、競技会の特別規則を付けて開催されるものである事は、ご承知される通りでしょう。ここに来て見当違いにミニの被覆胴を削除して、どう言う恩恵が有るのですか。真面目に友好的参加者を愚弄する悪質な茶番です。貴方が真面目に主張するなら、6月1日我々凡人に納得出来る指導を直にお願いしたいと思います。  ミニクープを準備して参加を予定している宇津です。


■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除             
 
番号題名名前作成日照合
223  日本模型航空連盟 フリーフライト委員会殿宇津秀夫2014 05 313986
222  ミニクープ擬きLPと被覆胴についての意見宇津秀夫2014 05 302621
221  私の新作機、総本家流ミニクープと事情宇津秀夫2014 05 293327
220  平成12年ミニクープ伝来宇津秀夫2014 05 293144
219  夢をさらにたぐり寄せるジャンプテスト成功!・大阪工大/人力飛行機プロジェクト 長居スタジアム2014 05 285020
 
Previous Next Main List Home Write