◎返事対象記事⇒  HLGの調整・コツのコツ(Hand Launch Glider Tips)(訳者:古矢泰一)


 
◎ 名前:訳者:古矢泰一 (furuya@image.tp.chiba-u.ac.jp)
◎ 作成日:2000.11.8(水) 12:05, 210.232.183.198

  ハイポイントの位置     以前内容以後内容    

    Some people prefer an wing airfoil with a thin section and a high
    point 40% back from the leading edge. This type of section has
    less drag than a thicker wing section, but will result in a faster
    glide and less stability. A thicker section with a high point 25%
    to 30% from the leading edge may have slightly more drag, but also
    a better glide and will be more stable, especially in windy
    weather.

人によっては薄翼、ハイポイント40%を好む例があります。このタイプの翼型は
厚いものに較べ抵抗は少なくなりますが、滑空速度が上がり安定性が失われます。
ハイポイント位置を25〜30%にした、より厚い翼型では若干抵抗は増しますが、
グライドはよくなり、とくに風の強い日に安定です。


■この記事へのレス(「コメント投稿」,「関連投稿」) は下の方の [Re] アイコンをクリックして下さい。
■ここに入力すると本文にコメントが付きます。
名前:(管理者権限)
内容:
 
                返事/関連記事を書き込む 修正/削除             
 
番号題名名前作成日照合
8     中心線をずらして着る訳者:古矢泰一2000 11 084611
7     ラダ-の量は反えりに必要な最低限に訳者:古矢泰一2000 11 084961
6     ハイポイントの位置訳者:古矢泰一2000 11 085707
5     水平尾翼や垂直尾翼が大き過ぎないように訳者:古矢泰一2000 11 085460
4     旋回の内側の翼には重い方を訳者:古矢泰一2000 10 105109
3        Re..旋回の内側の翼には重い方をLaunnchersHP管理者2000 10 104000
 
Previous Next Main List Home Write